« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月26日 (月)

「ゆいっこハウス」外国人による講演会(原蟹沢地区)

Dsc08821_2
今回は永岡の原蟹沢地区さんに初めてお邪魔しました!ゲストは、2年前に続き2回目のゆいっこハウスとなるマルコムさんです。日本に住んで13年程というマルコムさん。カナダではコックをされていましたが、現在は幼稚園から各種学校・大学まで、色々な学校で英語やフランス語を教えていらっしゃいます。

出身地であるケベック州は、カナダで唯一フランス語を公用語としています。17世紀前半にフランス人が現在のケベック州付近に入植した後、イギリス人が来て戦った結果、イギリスが勝利し国としては英語が使われるようになったのだそうです。マルコムさんも英語は学校で習った程度で、20代前半にバンクーバーに引っ越してから使うようになったのだとか。

Dsc08807_3
また、マルコムさんの妹さん家族がカナダで農業を営まれていて、今の時期はメイプルシロップを作っているそうです。世界のシェアの80%をケベック産の物が占めています。楓の木から採った汁を薪の火で4時間煮詰めて作るのだそうです!他にもカナダの歴史や有名人、風土などについて色々なお話を聞かせていただき、楽しく交流することができました。

Dsc08826

日  時 : 3月26日(月) 10:00~11:00
会  場 : 金ケ崎温泉 駒子の湯
講  師 : マルコム・ラーセンズさん(カナダ出身)
参加者 : 9名
主  催 : 金ケ崎町社会福祉協議会
共  催 : 当協会

「ゆいっこハウス」外国人による講演会(下永沢地区)

当日の講師、サビナさんとジロラさんはウズベキスタンの大学で日本語を専攻され、5か月前に来日して、現在盛岡に在住されております。

20180321_016_2
ズベキスタンの紹介をスクリーンに投射しながら2人で交互に説明してくれました。陶器の人形、タンディールと呼ばれる伝統的なかまどで作ったナン(これが巨大で一つ2kgもあるそうです)をはじめとする食事。その他伝統楽器、赤ちゃん用のベッドなどいろいろな生活にかかわる事柄で、お持ちいただいた帽子やスカーフ、うちわなど実際に手に取って見せていただけました。

20180321_018_2
最後にダンスまで披露していただき中身の
濃い勉強会になりました。たぶん一生懸命資料を手作りし発表の練習をしたと思われる内容でした。サビナさん、ジロラさんに感謝です。

20180321_014

日  時 : 3月21日(水) 10:00~11:00
会  場 : 中央生涯教育センター 第2研修室
講  師 : サビナ サガトヴァさん、ジロラ ラジャボアさん(ウズベキスタン出身)
参加者 : 19名
主  催 : 金ケ崎町社会福祉協議会
共  催 : 当協会

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

Twitter(金ケ崎町国際交流協会)

Facebook(金ケ崎町国際交流協会)

事務局日記

  • 事務局日記
無料ブログはココログ