« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月27日 (月)

国際理解講座「小中学校めぐり」 永岡小学校3・4年生

ユニセフ講座 「誰もが大切な”いのち”」

講師:岩手県ユニセフ協会
     事務局長 藤原綾子さん、事務局 遠山あゆ子さん
     花巻友の会ボランティアスタッフ2名

Dsc08471 Dsc08478
世界の子ども達の命を守り、健全な成長を願い活動を展開されているユニセフ協会の方々を講師にお迎えし、講座を開催しました。

Dsc08473 Dsc08474 Dsc08476
まず子ども達ひとりひとりに、アジア11ヶ国の挨拶の言葉が書かれた紙が配られました。「ニイハオ」「アンニョンハセヨ」「ナマステ」は子ども達からすぐ正解が出ましたが、「サバイディー」「ミンガラーバー」「メルハバ」などなど、初めて聞く挨拶も多いです。グループに分かれて一つずつ声に出して挨拶し、国によって色々な挨拶があることを体験しました。

Dsc08491_3 Dsc08489_2 Dsc08487_2
Dsc08525 Dsc08527
続いて、世界ではおよそ5秒にひとりの子が5歳未満で亡くなっており、そういう子を少しでも多く救うためにユニセフで行われている支援について紹介されました。子どもの栄養状態を知るために腕に巻くメジャーでは、二の腕の太さがモップの柄ほどしかないこともある現実に驚きの声が上がりました。

Dsc08515 Dsc08504
また、水汲みのために学校に行けない子ども達を支援するために井戸を掘り、通学率を上げている活動も紹介されました。水汲みは主に10歳位の女の子の仕事で、15kg程の重さの瓶を1時間位かけて、1日に何度も運ぶのだそうです。子ども達は水の入った瓶のリレーをして水運びを体験しました。

Dsc08533
世界で今どんなことが起きていることを知り、自分にできることは何かを考えてみて下さいとのお話に、子ども達は熱心に耳を傾けていました。

日 時 : 11月27日(月)10:40~12:15
対 象 : 永岡小学校3・4年生29名、先生3名
講師派遣元 : 岩手県ユニセフ協会
主 催 : 金ケ崎町国際交流協会

2017年11月20日 (月)

国際理解講座「小中学校めぐり」 第一小学校4~6年生

「タイのお話」
講師:浦川 純子さん/青年海外協力隊OV  2012年~2014年
              タイで小学校教育に従事

Dsc08462_2
今回の講師は、タイの首都バンコク郊外の小学校で学習指導に携わられていた浦川さんです。

首都圏での暮らしは上下水道・電気のほか、ネット環境も整っていて不便はなかったそうです。そして、タイは日本・アメリカに次いでセブン-イレブンの店舗数が世界第3位なのだとか!屋台も多いので、キッチンのないアパート住まいでも食事の買い物に困らなかったとのことです。

タイではグリーンカレーが一番好きだったそうですが、地方では今も虫や蛙が食べられているというお話に、「美味しかったですか!?」と子ども達は大盛り上がりでした。

全体的にゆったりしていて大らかなタイの人々。勤務先の小学校では、元気な子ども達と楽しく過ごされていました。十数人の子ども達が一度に話しかけてくるので、聞き取るのが大変だったそうです!

タイに住んで一番大変だったのは言葉で、現地に派遣される前に3ヶ月程の語学研修を受けましたが、タイ語は文法より発音が難しく、通じないし聞き取れず苦労されたのだそうです。

海外での暮らしは自分ではできないことも多いので、一人で悩まずに分からないことは聞き、できないことは頼み、困ったら助けを求めることも大切です。旅行・留学・ボランティア・仕事など、ぜひ素敵な出会いを求めて、広い世界に飛び出して下さいと話されていました。

Dsc083962

日 時 : 11月20日(月)14:00~14:45
対 象 : 第一小学校4~6年生77名、先生3名
講師派遣元 : 岩手県青年海外協力協会
主 催 : 金ケ崎町国際交流協会

2017年11月13日 (月)

「はぁと♡マム文化祭」に参加しました!

金ケ崎町の芸術文化祭が今月初旬に開幕しました!
中央生涯教育センターでは約1ヶ月にわたり、各種展示や発表が繰り広げられています。

Dsc08387 Dsc08386 Dsc08371
その中のひとつ、昨年まで開催されていた「芸文ワークショップ」が、子育てママサークルの皆さんの企画による「はぁと♡マム文化祭」にリニューアルされました。
当日は様々なブースが出店し、子どもから大人まで一日ゆっくり楽しむことができる賑やかなイベントになりました。

Dsc08358_3 Dsc08379_2 Dsc08369_2
協会では中国江蘇省からの留学生、陸さんをお迎えして交流する国際交流カフェと、フェアトレードショップで参加しました♪
カフェでは中国茶と、麻花・サチマ・月餅などのお菓子をいただきながら陸さんとお話して交流しました。
フェアトレードショップでは、途上国で生産者に携わる方々の暮らしを守る商品を試食販売しました。農薬を使わないので生産者の健康を害さず、添加物も入っていないので食べる私達の体にも優しい品々。特に添加物を使わないため溶けやすく、冬期間しか販売できないチョコレートが人気でした。

Dsc08391
盛岡からおいで下さった陸さんも交え、楽しく交流できた一日でした!

日 時:11月11日(土)10:00~15:00
会 場:金ケ崎町中央生涯教育センター
主 催:南方地区子育てママサークル「はぁと♡マム」
共 催:金ケ崎町芸術文化協会

2017年11月 7日 (火)

「ユニセフのつどいinいわて」

2_3 6_3
「2017ユニセフのつどい in いわて」に参加しました!

4_2 9 8
会場の滝沢チャグチャグホールでは、今年設立された滝沢市国際交流協会主催「国際交流フェスティバルIN滝沢」も同時開催されていて、様々な展示や交流コーナーが設けられ賑わっていました。

2
つどいでは、まずオープニングとして「劇団ゆう」青年隊によるミュージカル上演がありました。「劇団ゆう」は子ども達に夢と感動を届けるため、滝沢市を拠点に地域に密着した活動を展開しているNPO法人です。この日は「美女と野獣」短縮版が上演され、子ども達を含めた団員の皆さんが華麗なステージを披露されました!

15
その後主催者挨拶に続いて、医師でNPO法人地球のステージ代表理事の桑山さんによる映像ライブステージが行われました。これまで60以上の国で医療支援活動を行って来られた桑山さんは、紛争地や被災地での心のケアを中心に活動されています。ステージでは、世界各国や被災地で撮られた写真のスライド上映と自作曲の弾き語りを組み合わせ、ご自身の活動の経験を話されながら、辛く苦しい状況でも人には前に踏み出す力があること、地球はひとつということなどを語りかけていらっしゃいました。

日 時 11月5日(日) 13:00~15:30
会 場 滝沢ふるさと交流館 ホール
主 催 岩手県ユニセフ協会
共 催 滝沢市教育委員会、滝沢市国際交流協会

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

Twitter(金ケ崎町国際交流協会)

Facebook(金ケ崎町国際交流協会)

事務局日記

  • 事務局日記
無料ブログはココログ