会報誌                     国際交流かわら版

金ケ崎町国際交流協会のロゴ

団体会員のページ

リンク その2

« 2016年11月 | トップページ | 2017年2月 »

2016年12月28日 (水)

英会話クラス「クリスマスパーティ」開催しました!

毎年恒例のクリスマスパーティ。今年も開催しました!

Dsc069942
ウイリアムサンタの挨拶で乾杯!

Dsc06985_2 Dsc06981_2 Dsc06988_2
各自1品の持ち寄り。おいしそうなお料理やお菓子が並びました♪

Dsc07002 Dsc07004
3連休の前夜、だいぶ暮れも押し迫ってからの開催で、今回はこじんまりしたパーティとなりましたが、持ち寄りのお料理やお菓子をいただきながら、楽しいお話に花が咲きました。

日 時 12月22日(木) 午後7時~9時
場 所 金ケ崎町中央生涯教育センター 第1会議室
参加人数 9名

2016年12月20日 (火)

English Camp in Kanegasaki 2016開催しました!

英語で過ごす1日!

金ケ崎中学校1・2年生15名が参加し、外国人講師やボランティアスタッフと一緒に英語で1日を過ごしました。

開会式・オリエンテーション
教育長の英語での挨拶後、1日の流れの説明がありました。
Dsc06828_2 Dsc06826_2

自己紹介・インタビューゲーム
プログラムの最初は自己紹介タイム。少し緊張しながら、頑張って自分の名前や好きな食べ物など、英語で言うことができました。
続いて参加者同士で質問、会話をするインタビューゲームと単語当てクイズを体験しました。
Dsc06830 Dsc06843
Dsc06865 Dsc06866

英語でCooking♫
2年ぶりにお菓子の家が登場♪そして今年は何と、ひとり1軒の家を作りました!
事前にプレストンと協会スタッフで手作りしたジンジャークッキーをアイシングで組み立てて、デコレーションしました。
Dsc06886_2 Dsc06895 Dsc06896

姉妹都市アマースト町のモノポリーゲーム
アメリカ・アマースト町の施設などを紹介したご当地モノポリーゲームで、楽しく英語に親しみました!
Dsc06902 Dsc06905

おやつTime!
午前中にデコレーションしたお菓子の家。予備のクッキーをみんなでいただき、作品は持ち帰りました。すりおろしショウガ、クローブ、オールスパイス、シナモンが入ったクッキーは少しスパイシーで独特の風味がありました。

まとめ~閉会式
日本語と英語で感想を書き、発表しました!
参加者ひとりひとりに終了証書が授与されました。

Dsc06944 Dsc06970 Dsc06954

記念撮影

英語を身近に感じ、体験した1日でした。お疲れ様でした!
Dsc06975_2

日  時 12月17日(土)9:30~16:15
参加者 金ケ崎中学校1・2年生 15名
講  師 ダニエル・デクラスさん、クリスティン・マーティンバックさん(金ケ崎町英語指導員)
      ウィリアム・ストロングさん、プレストン・ベイカーさん(金ケ崎町ALT)
スタッフ 6名(中央生涯教育センター、当協会)
会  場 中央生涯教育センター 第1研修室
主  催 金ケ崎町、金ケ崎町教育委員会、当協会

2016年12月 9日 (金)

国際理解講座「地区センターめぐり」永岡地区生涯教育センター

「アフタヌーンティ講座 ~陽子先生とTea Party~

地区センターめぐりの第2回目は大人の趣味講座。
1回目に引き続き、アフタヌーンティの講座を開催しました。

Dsc06736_3 Dsc06762_2 Dsc06764
まずは講師の陽子先生と、アフタヌーンティの定番、スコーンを作ります。
冷えて固いままのバターを、小麦粉に細かく切り混ぜるのが一番のポイント。
寒い時期のためバターが溶けにくく、しかも主婦の皆さんですので手際良く調理が進みました!

Dsc06752 Dsc06754 Dsc06753
続いてこちらも定番、キュウリのサンドイッチ作り。
薄くマヨネーズを塗ったパンに、塩コショウしたキュウリを挟むだけですが、シンプルでとてもおいしいサンドイッチです。
手順を簡単にご説明すると、鮮やかな手つきであっという間にキュウリの輪切りができ、サンドイッチになりました。皆さんさすがです。

Dsc06784 Cimg1170
そしていよいよティータイム!
先生からイギリスのお茶の種類や歴史のお話を伺いながら、マカロン&チョコレートケーキとともに3種の紅茶をいただき、穏やかな冬の日の優雅なティータイムを過ごしました。

Dsc06780_2 

日 時 : 12月8日(金)9:30~13:00
会 場 : 永岡地区生涯教育センター
参加者 : 16名

講 師 : 菊地 陽子さん
主 催 : 金ケ崎町永岡地区生涯教育センター
共 催 : 当協会

2016年12月 5日 (月)

国際理解講座「小中学校めぐり」永岡小学校5、6年生

「ぼくがラーメンたべてるとき」

講師:笹川 泰利さん/青年海外協力隊OV 2002~2004年
    ドミニカ共和国でスポーツ指導、社会福祉活動等に従事

Dsc066612
カリブ海に浮かぶ島にあるドミニカ共和国で活動されていた笹川さんに、現地での経験をお話していただきました。

冒頭、流暢な外国語で話し始め、戸惑う子ども達をよそに話し続ける笹川さん。私たちに何かをするよう頼んでいるようです。名前を呼ばれ、真似をしてやりとりしているうちに、スペイン語で出席を取っていることが分かりました。
全員の出席を取り終わった後、日本語になった笹川さん。「言葉は分からなくても、何とかなるでしょ?」と、相手の話を分かろうとする気持ちが大事だということを話されました。

ドミニカは地球のどこ?でも地図は出てきません。時差は13時間、だいたい地球の反対側。つまり私たちのお尻の下にドミニカがあります。笹川さんはそこで3年間体操競技の指導に携わり、その後も再訪し社会福祉活動も行うなど、通算10年ほどにわたりドミニカに滞在されていました。ストリートチルドレンを自費で養い、学校に通わせながら体操を教えたところ、世界選手権に出場するほどの選手になったそうです。

Dsc06676
学校に行けず、家にも居場所のない子どもたちのこと、そのようにして成長した子が大人になり、仕事に就けず生活に苦労するという悪循環にはまっている世界の子ども達が多く、小学校の勉強をしないと大人・国が良くならないと話されていました。自分がラーメンを食べている間に、倒れている子もいるのです。

国際協力の気持ちと行動は掛け算で、思っても行動しなければ意味がなく、気持ちのない行動(技術支援がなく、物だけ)も活かされない。その国の状況を理解し、自分にできる行動を起こすことが大きな効果になると強調されていました。
Dsc06694

日 時 : 11月29日(火)10:35~12:10
対 象 : 永岡小学校5、6年生31名、先生3名
講師派遣元 : 岩手県青年海外協力協会
主 催 : 金ケ崎町国際交流協会

2016年12月 2日 (金)

国際理解講座「小中学校めぐり」金ケ崎小学校5、6年生

「マラウイのお話」

講師:薄衣 俊輔さん/青年海外協力隊OV 2013~2015年
    アフリカのマラウイ共和国で青少年活動に従事

Dsc06641
今回の講師は、東アフリカ・マラウイの小学校で音楽や体育など、情操教育科目の指導にあたった薄衣さんです。
ご自身が協力隊に申し込まれたきっかけや現地での生活、学校での仕事の様子などをお話していただきました。  

薄衣さんが子どもの頃、親戚の家では時々外国からのホームステイを受け入れていて、様々な国の方々と接することができたそうです。その後ご自身が中学生の時、姉妹都市交流で海外派遣にも参加され、外国に興味をもつようになりました。

Dsc06624 Dsc06629 Dsc06631
派遣先のマラウイでは、手作りレンガの家に住んでいました。電気は使えたものの水道は短時間しか使えず、トイレも穴があるだけで虫など衛生面の問題があり、生活には苦労されたそうです。また、マラリアなど病気の心配もあり、蚊に刺されないよう注意も必要でした。

Dsc06634 Dsc06636 Dsc06638
主食はトウモロコシの粉から作る、お餅のような「シマ」という食べ物。食べ物は市で買えますが、パック詰めのお肉などはありません。薄衣さんが数ヶ月飼っていた豚をしめて食べたことを話すと、子ども達から驚きの声が上がりました。
また、現地では各種の虫を食べる習慣があり、何とカメムシも食べるのだそうです!驚いた子ども達から、多くの質問が出されました。

Dsc066472 Dsc06649 Dsc06650
学校では日本の書道に取り組んだり、合唱コンクールを催すなどの新しい取り組みをされました。

Dsc06653
世界の国・地域にはそれぞれの文化があるというお話に子ども達は熱心に耳を傾けていました。

日 時 : 11月25日(金)13:55~14:40
対 象 : 第一小学校5、6年生141名、先生5名
講師派遣元 : 岩手県青年海外協力協会
主 催 : 金ケ崎町国際交流協会

« 2016年11月 | トップページ | 2017年2月 »

Twitter(金ケ崎町国際交流協会)

Facebook(金ケ崎町国際交流協会)

コクサイ恐竜くん

事務局日記

  • 事務局日記
無料ブログはココログ