« フェアトレードDay Cafe+物品販売+映画上映 | トップページ | 国際理解講座「小学校めぐり」 第一小学校4.5.6年生 »

2014年12月 5日 (金)

国際理解講座「小学校めぐり」 西小学校5.6年生

「僕がラーメンを食べている時」

青年海外協力隊OBの笹川泰利さんを講師に迎え、日本の子供たちがラーメンを食べている時ドミニカの子供は何をしているのか?をテーマに講演しました。

Dsc03291 Dsc03296

「ドミニカ知っている人!」という講師の呼び掛けに、ほとんどの生徒が「知っている!」と答えました。
最初に見た写真は日本とそれほど変わらない風景「4車線の道路、大きなスーパー、自動販売機、たくさんの新しい車、大きなビル」「岩手より都会だよね?」という講師の問いかけに「ホントだ!都会だね!すごい!」と相槌をうっていました。
「でもね、これはほんの一握りの裕福な人達の生活、橋の向こうはこんな感じだよ。」と見せられた写真は、ゴミの山、露店の通り、今にも倒れそうな家、壁のない学校、靴を履いていない子や薪運びをする子供たちの写真でした。「えー!」っと驚いた様子が見られましたが貧富の差が激しいこと、生きていく為に働く子供達がいる事を知りました。
最後に、講師から「もう少し大きくなったら、外から日本を見てみて下さい。そして自分に何ができるか考えて下さい。」と大きな宿題をもらった生徒達でした。
「日本は豊かだけど本当に幸せな国なのか?」中南米8カ国で10年に渡り様々な活動をし、人の暖かさ、助け合い、人間らしい生活を自分の目で見てきた講師からの問いかけは、心に響くものがありました。

日    時 12月2日(火) 13:50~14:35
場   所 金ケ崎町立西小学校
対   象 5.6年生(合計28名)
講   師 笹川 泰利さん(青年海外協力隊OB)
講師派遣元岩手県青年海外協力協会(協力隊OB会)
主   催  金ケ崎町国際交流協会

« フェアトレードDay Cafe+物品販売+映画上映 | トップページ | 国際理解講座「小学校めぐり」 第一小学校4.5.6年生 »

Twitter(金ケ崎町国際交流協会)

Facebook(金ケ崎町国際交流協会)

事務局日記

  • 事務局日記
無料ブログはココログ