会報誌                     国際交流かわら版

金ケ崎町国際交流協会のロゴ

団体会員のページ

リンク その2

« 金ケ崎町民芸術文化祭/GBワークショップ | トップページ | 国際理解講座「小学校めぐり」 永岡小学校3.4年生 »

2014年11月10日 (月)

国際理解講座「小学校めぐり」 永岡小学校5.6年生

ユニセフと地球の友達

世界には様々な国があり、その国に住む子供たちはどんな暮らしをしているのでしょう。同じ地球に生きる友達として関心を持ち、そして自分たちに何ができるか考えてみました。

「ユニセフと地球のともだち」のDVDの鑑賞
不衛生な水を飲んでいる人々や、学校に行けない子供たち、強制的に働かせられている子供たちがいる事を知り、ユニセフの活動内容を理解しました。
Dsc03206 Dsc03207

下痢から命を守る「経口補水塩」を作り試飲しました。また、ネパールで使われている水瓶を使って「水くみ」を体験しました。
Dsc03213 Dsc03218

亜熱帯・熱帯のアフリカや東南アジアで使用されている蚊帳の重要性を知り、体験しました。
Dsc03221

子供たちの感想
①強制的に働かせられていたり、学校に行けない子供たちがいる事を初めて知った。僕達の身近な物は、世界の人々からみれば、当たり前ではない事を改めて知った。
②ユニセフは戦争等で家や家族を失った子供たちを支援している事がわかった。
③家の事は男女関係なくやるのだと思っていたら、水くみなどは、女の子がする仕事だと知りびっくりした。

日 時 : 11月5日(水)10:35~12:00
会場/対象 : 永岡小学校 5.6年生 約40名
講 師 : 岩手県ユニセフ協会 4名
主 催 : 金ケ崎町国際交流協会

« 金ケ崎町民芸術文化祭/GBワークショップ | トップページ | 国際理解講座「小学校めぐり」 永岡小学校3.4年生 »

Twitter(金ケ崎町国際交流協会)

Facebook(金ケ崎町国際交流協会)

コクサイ恐竜くん

事務局日記

  • 事務局日記
無料ブログはココログ