会報誌                     国際交流かわら版

金ケ崎町国際交流協会のロゴ

団体会員のページ

リンク その2

  • 奥州・金ヶ崎地域ポータルサイト

« 小中学校めぐり 国際理解・国際協力出前講座 | トップページ | 公演についてテレビで紹介されました。 »

2007年12月 9日 (日)

ピアノとパントマイム「木は全て見ていた~パヴィアクの日本人形~」 

Dec_920071_2 第2次世界大戦中、ナチスによって投獄されたポーランド女性が処刑前に、生きた証として日本人形を作ります。全ての悲劇を見ていた監獄敷地内の1本のニレの木の視点で創作した実話に基づく作品を公演しました。
 この作品は、ポーランド児童文学翻訳者(金ケ崎町在住)がポーランドに滞在中、ワルシャワにあるパヴィアク博物館で日本人形と出会い、ポーランドで活躍中の金ケ崎でピアノを学んだピアニスト(花巻市出身)と友人のパントマイムアーティスト(埼玉県出身)にこのエピソードを伝えたことがきっかけで生まれたものです。金ケ崎が縁で生まれた作品を多くの方に観ていただきたいと働きかけ、12/8盛岡・12/9金ケ崎・12/10花巻と県内3会場での公演を実現し好評を博しました。

日 程 平成19年12月9日(日)14:00~
    ・第1部 パントマイムデュオ&ピアノ演奏
Dec_920072     ・第2部 ピアノとパントマイム作品
       木は全て見ていた~パヴィアクの日本人形~
    ・第3部 対談「遠くて近い国、ポーランド」
         友情出演:田村和子さん
         (ポーランド児童文学翻訳者・金ケ崎町在住)

出 演 パントマイム:児真順子
     ピアノ     :坂本知穂
     パントマイム:スワボミル・セベリノビッチ
Dec_920073_2 会 場 金ケ崎町中央生涯教育センター ホール
 催 金ケ崎町国際交流協会、金ケ崎町中央生涯教育センター

*パントマイムアーティストの児真さん・スワボミルさんは、当協会平成18年事業「教えてポーランド パントマイムで伝えよう!」で講師をしていただいたお二人です。

Dec_92007_poster_1_8_2

Dec_92007_poster_2_5_3
←ピアノとパントマイムポスターPDFファイルはこちらから。

« 小中学校めぐり 国際理解・国際協力出前講座 | トップページ | 公演についてテレビで紹介されました。 »

Twitter(金ケ崎町国際交流協会)

Facebook(金ケ崎町国際交流協会)

コクサイ恐竜くん

事務局日記

  • 事務局日記
無料ブログはココログ