2018年3月26日 (月)

「ゆいっこハウス」外国人による講演会(原蟹沢地区)

Dsc08821_2
今回は永岡の原蟹沢地区さんに初めてお邪魔しました!ゲストは、2年前に続き2回目のゆいっこハウスとなるマルコムさんです。日本に住んで13年程というマルコムさん。カナダではコックをされていましたが、現在は幼稚園から各種学校・大学まで、色々な学校で英語やフランス語を教えていらっしゃいます。

出身地であるケベック州は、カナダで唯一フランス語を公用語としています。17世紀前半にフランス人が現在のケベック州付近に入植した後、イギリス人が来て戦った結果、イギリスが勝利し国としては英語が使われるようになったのだそうです。マルコムさんも英語は学校で習った程度で、20代前半にバンクーバーに引っ越してから使うようになったのだとか。

Dsc08807_3
また、マルコムさんの妹さん家族がカナダで農業を営まれていて、今の時期はメイプルシロップを作っているそうです。世界のシェアの80%をケベック産の物が占めています。楓の木から採った汁を薪の火で4時間煮詰めて作るのだそうです!他にもカナダの歴史や有名人、風土などについて色々なお話を聞かせていただき、楽しく交流することができました。

Dsc08826

日  時 : 3月26日(月) 10:00~11:00
会  場 : 金ケ崎温泉 駒子の湯
講  師 : マルコム・ラーセンズさん(カナダ出身)
参加者 : 9名
主  催 : 金ケ崎町社会福祉協議会
共  催 : 当協会

「ゆいっこハウス」外国人による講演会(下永沢地区)

当日の講師、サビナさんとジロラさんはウズベキスタンの大学で日本語を専攻され、5か月前に来日して、現在盛岡に在住されております。

20180321_016_2
ズベキスタンの紹介をスクリーンに投射しながら2人で交互に説明してくれました。陶器の人形、タンディールと呼ばれる伝統的なかまどで作ったナン(これが巨大で一つ2kgもあるそうです)をはじめとする食事。その他伝統楽器、赤ちゃん用のベッドなどいろいろな生活にかかわる事柄で、お持ちいただいた帽子やスカーフ、うちわなど実際に手に取って見せていただけました。

20180321_018_2
最後にダンスまで披露していただき中身の
濃い勉強会になりました。たぶん一生懸命資料を手作りし発表の練習をしたと思われる内容でした。サビナさん、ジロラさんに感謝です。

20180321_014

日  時 : 3月21日(水) 10:00~11:00
会  場 : 中央生涯教育センター 第2研修室
講  師 : サビナ サガトヴァさん、ジロラ ラジャボアさん(ウズベキスタン出身)
参加者 : 19名
主  催 : 金ケ崎町社会福祉協議会
共  催 : 当協会

2018年2月27日 (火)

国際理解講座「小中学校めぐり」西小学校5・6年生

「ネパールのお話」

講師:吉田武夫さん/青年海外協力隊OV 1987~1989年
    ネパールで教育活動に従事

20180226_0262_2
現在、岩手県立北上翔南高等学校にお勤めの吉田武夫先生をお迎えしてネパールのお話をしていただきました。

20180226_029 20180226_011
ネパール語での挨拶、名前の紹介からいきなり始まりましたが驚くことに児童さんたちは正しく受け答えができました。いくつかの道具を取り出して各班に一つずつ渡し、「これは何に使うものでしょうか?どうやって使うのでしょうか?」についてみんなで話し合い、発表してもらいました。姿形だけでなく臭いで判断したり、いくつかのチームはズバリ正解も出ていました。実際に現地で使われている道具などをみんな興味深く調べていました。

20180226_028
ネパールのカレンダーでは太陰暦でどういうわけか一月が32日もあります。ネパール語の数字を教えてもらい、皆、パズルを解くようにカレンダーを見ていました。

20180226_002
青年海外協力隊は開発途上国の貧しい人を助けたりしているそうです。先生からしめくくりの言葉として、将来、世界で活躍できるようになるには、今の勉強を一生懸命やることが大事とのことでした。

日 時 : 2月26日(月)10:40~11:30
対 象 : 西小学校5・6年生24名、先生3名
講師派遣元 :岩手県青年海外協力協会
主 催 : 金ケ崎町国際交流協会

2018年2月26日 (月)

「金ケ崎de世界のTea Party」開催報告

20180218_312_2 20180218_272_3 20180218_342_2
20180218_822_3
おかげ様で「世界のTea Party」も3回目の開催となりました!
及川事務局長の司会で始まり、当協会の佐藤会長の挨拶に続いて、オープニングで英会話クラスの生徒さんを中心にしたハンドベルの演奏が披露されました。曲はスコットランド民謡で新年に歌われる「Auld Lang Syne(蛍の光)」と「可愛いあの娘」でした。

20180218_40_2 20180218_44_2 20180218_48_2 20180218_51_2 20180218_522
20180218_562 20180218_60 20180218_69 20180218_632 20180218_712_2
続く「世界のファッションショー」では、ボランティアの方々による民族衣装が披露されました。素人とは思えない熱演でポーズの取り方も堂々としており、会場の注目を集めていました。また
楽しむだけでなくお勉強もということでフェアトレードのDVDが上映され、フェアトレードの意味や活動などが紹介され理解を深めました。

20180218_90 20180218_92 20180218_95
その後は世界各国の味を楽しんでいただきました。お料理は協会スタッフによる手作りです!変わった味、フェアトレードの食材、その他いろいろ楽しく経験されたと思います。

20180218_1002 20180218_105 20180218_1062_4
お腹も満たされたところでゲストのアユ・イスカンダル阿部さんの登場です。
インドネシアの童歌のあとジャワの民族舞踊を披露していただきましたが、プロとして活動してらっしゃるだけあって流石の踊りでした。スマホで動画撮影をする人もおり真剣に見ておられる方もいらっしゃいました。

20180218_115 20180218_119
そのあとは希望者を募って簡単な踊りを教えていただきましたが、大勢の方が積極的に参加され大盛り上がりでした。アユさんのユーモアあふれ、舞踏教室の主催だけあってすぐに形になってしまうのが不思議でした。
っという間の2時間でした。

Dsc08730_4 20180218_04 20180218_35
このTea Partyのために多くのボランティアの方々にお世話になりました。当日も会場のセッティング、料理など朝早くから大勢の方が奮闘されておりました。また後片付けも大変だったと思いますが手際の良さに感心です。この準備の間のおしゃべりもまた楽しいひと時だったと思います。お疲れ様でした。また、パーティ開催に当たりお世話になった関係各位に、この場をお借りし御礼申し上げます。

日  時 2月18日(日) 14:00~16:00
会  場 金ケ崎町中央生涯教育センター 多目的ホール
参加者 78名
主  催 当協会

2018年2月16日 (金)

「ゆいっこハウス」外国人による講演会(谷地下地区)

20180213_082
今年度2回目となる「ゆいっこハウス」が開催されました。当日の講師、馬寧さんは10歳で来日され、岩手で小学校、中学校、高校から岩手大学、大学院を経て、現在、岩手大学で中国語の講師をされておられます。太極拳の達人で当日は演舞を披露していただきました。

まず初めに映像を交えながらご出身の大連を紹介していただきました。大連は中国の北東部に位置しており緯度はほぼ仙台、面積は岩手県位、人口は600万人で気候はほぼ岩手県と同様だそうです。

中国のお正月は旧正月(2月16日)を祝うそうで春節と呼びます。年越しのご飯(日本のおせち料理に相当するもの)も紹介いただきました。餃子、魚、肉団子、八宝飯、お餅(甘いそうです)、落花生、みかんなどでそれぞれに意味があるそうです。日本との共通点も多く皆さん、大変興味深く聞いておりました。20180213_18_2 20180213_21_2  20180213_262

中国で大変ポピュラーな目の体操も教えていただき、皆さんで試してみました。太極拳はテレビなどで時々見かけるゆっくりとした動作のものではなく、すごく激しい動きに皆さん、驚いていました。ゆっくりとした体操のようなものは中国政府が国民の健康と太極拳の普及のために作られた万人向けのものだそうで、元々、太極拳は護身術なのでやはり格闘技に通じる激しい動き(なんとなくブルース・リーを彷彿とさせるような)ものだそうです。馬さんの人柄もあり大変親しみやすいお話で中国がまた身近に感じられたひとときでした。

日  時 : 2月13日(火) 10:40~12:00
会  場 : 千貫石温泉 湯元東館
講  師 : 馬寧さん(中国・大連市出身)
参加者 : 19名
主  催 : 金ケ崎町社会福祉協議会
共  催 : 当協会

2018年1月29日 (月)

国際理解講座「小中学校めぐり」三ケ尻小学校5年生

ユニセフ講座 「誰もが大切な”いのち”」

講師:岩手県ユニセフ協会
     事務局長 藤原綾子さん、ボランティアスタッフ2名

20180124_02_3
三ケ尻小学校5年生を対象に行われました。日本もユニセフから戦後15年間に渡り学校給食用粉ミルクの支援をもらい、また先の東日本大震災の際にも小中学生の学用品を中心に多大な支援をいただいております。

20180124_04 20180124_05
アジア各国の言葉での挨拶を紹介したあと、ユニセフの活動内容として実際に現場で使われている機材の現物を見せてもらいながら乳幼児の体重測定、最近テレビのCMでも栄養補助食、ビタミン剤、経口補水液、中高年の方々には懐かしい虫下し、浄水剤、ワクチン輸送用の保冷ボックスなどが紹介されました。

20180124_08 20180124_07
実際に現地で子ども達が従事している水汲みを現物の水かめを使っての体験、また蚊帳の体験など講義を聞くだけでなく実際に体を使っての体験も行いました。

20180124_01
最後にDVDでユニセフの活動を見て、質疑応答の時間になりましたが、色々な質問が飛び出していました。

当日は朝から大変な大雪でしたが、その中で様々な機材を携えてご足労いただいたユニセフ関係者の皆さんに感謝いたします。また小学校でも前日に予習を行うなど皆さんで有意義な講座にする努力を感じました。

日 時 : 1月24日(水)14:05~15:30
対 象 : 三ケ尻小学校5年19名、先生4名
講師派遣元 : 岩手県ユニセフ協会
主 催 : 金ケ崎町国際交流協会

世界を知ろう!アイルランドのお話&ハープ演奏会

20180121_01 20180121_08
金ケ崎町「まちかみ」と「まちしも」商店街の女性が中心となって運営している「かみしも結いの会」さんの主催で、外国の文化に触れるイベントが開催されました。

20180121_02_2
講師の小林さんは昨年の「金ケ崎de世界のTea Party」のゲストとして、アイリッシュハープ演奏を披露して下さいました。その時ご覧下さった方が、ぜひ私達のイベントにもお招きしたいと希望され、今回開催の運びとなりました。

小林さんはかつてアイルランドのシュタイナー学校で教師として勤務されており、その際にアイリッシュハープを習われました。このアイリッシュハープはいつの発祥か不明なほど古い歴史を持ち、オーケストラで使われているグランドハープの原型となったものです。アイルランド(ケルト人)の民謡(メロディ)は後にいろいろな人が詩をつけて世界で親しまれています。
20180121_13 20180121_15
ケルト人の歴史の紹介を通じて欧州の歴史を垣間見ることもでき、またアイルランドの民謡は今日、本邦で広く親しまれている曲が多く、知識の整理に役立つ講演でした。
20180121_21 20180121_18_3 27164248_571727183170438_2249724557
ずるびきランチが提供された昼食を挟んでの講義と演奏で、演奏の最後には参加者有志との合唱もあり、質疑応答でも活発な質問もあって盛況に終わりました。また、有志の方々の合唱は素人とは思えないハイレベルで驚きでした。

日  時 : 1月21日(日) 11:00~14:00
会  場 : お休み処かみしも
ゲ ス ト : 小林京子さん
参加者 : 34名
主  催 : かみしも結いの会

2017年12月22日 (金)

「英会話クラスのクリスマスパーティ」開催しました♪

今年も英会話クラスのクリスマスパーティが開催されました!
Dsc08676 Dsc08670_2

Dsc08668_3 Dsc08669

今回の出し物は、プラネタリウム&ハンドベル♪
冬の星座のお話を観て、ハンドベルで「きらきら星」と「きよしこの夜」を演奏しました。
さすが英会話仲間の皆さん、初めてでも息が合った演奏を披露して下さいました。
Photo Photo_3

忙しくてなかなかレッスンに来られない方々も久しぶりに参加して下さり、楽しく盛り上がりました♪ご参加ありがとうございました!
Dsc08695

日 時 12月22日(木) 午後7時~9時
場 所 金ケ崎町街地区生涯教育センター 会議室
参加人数 15名

2017年12月11日 (月)

2017 Kanegasaki English Camp開催しました!

英語で過ごす1日!

金ケ崎中学校1・2年生15名が参加し、外国人講師やボランティアスタッフと一緒に英語で1日を過ごしました。

【開会式・自己紹介】
開会式に続き、英語でひとりずつ自己紹介しました。名前、クラブ、好きな食べ物など、英語で伝えることができました!
Dsc085492_3 Dsc08552 Dsc08555

【英語でCooking♫】
今回はキャンディーケイン(ステッキ)型のクッキーを作りました!生地をこねて班ごとに色付けし、成形しました。クッキングの英語に触れながら、各班ともお互いに協力し合い、楽しく取り組むことができました♪
Dsc08569_2 Dsc08572 Dsc08598

【ゲーム~Hot Seat & Guess Who?】
続いて、説明から単語を推測するゲームと、相手チームのキャラクターを当てるゲームの2種類に挑戦しました。楽しみながら考え、英語に親しむことができました。
Dsc08581 Dsc08590

【姉妹都市アマースト町のモノポリーゲーム】
昼食をはさみ、アメリカ・アマースト町の施設などを紹介したご当地モノポリーゲームに

取り組みました。姉妹都市アマースト町について学びながら、日常的に使う英語を身につけることができました。
Dsc08629 Dsc08626

【おやつTime!】
午前中に成形したクッキーがとても綺麗に焼きあがり、楽しくいただきました♪
101 102_3 106

【まとめ~閉会式】
日本語と英語で感想を書き、発表しました。英語の感想文にも一生懸命取り組みました!参加者ひとりひとりに終了証書が授与されました。
Dsc08638 Dsc08640_2 Dsc08653

【記念撮影】

英語を身近に感じ、体験した1日でした。お疲れ様でした!
164_2

日  時 12月10日(日)9:30~16:15
参加者 金ケ崎中学校1・2年生 15名
講  師 ダニエル・デクラスさん(金ケ崎町英語指導員)
      コリン・ティースさん、カリッサ・ドブソンさん(金ケ崎町ELT)
スタッフ 7名(中央生涯教育センター、当協会)
会  場 中央生涯教育センター 第1研修室
主  催 金ケ崎町、金ケ崎町教育委員会、当協会

2017年11月27日 (月)

国際理解講座「小中学校めぐり」 永岡小学校3・4年生

ユニセフ講座 「誰もが大切な”いのち”」

講師:岩手県ユニセフ協会
     事務局長 藤原綾子さん、事務局 遠山あゆ子さん
     花巻友の会ボランティアスタッフ2名

Dsc08471 Dsc08478
世界の子ども達の命を守り、健全な成長を願い活動を展開されているユニセフ協会の方々を講師にお迎えし、講座を開催しました。

Dsc08473 Dsc08474 Dsc08476
まず子ども達ひとりひとりに、アジア11ヶ国の挨拶の言葉が書かれた紙が配られました。「ニイハオ」「アンニョンハセヨ」「ナマステ」は子ども達からすぐ正解が出ましたが、「サバイディー」「ミンガラーバー」「メルハバ」などなど、初めて聞く挨拶も多いです。グループに分かれて一つずつ声に出して挨拶し、国によって色々な挨拶があることを体験しました。

Dsc08491_3 Dsc08489_2 Dsc08487_2
Dsc08525 Dsc08527
続いて、世界ではおよそ5秒にひとりの子が5歳未満で亡くなっており、そういう子を少しでも多く救うためにユニセフで行われている支援について紹介されました。子どもの栄養状態を知るために腕に巻くメジャーでは、二の腕の太さがモップの柄ほどしかないこともある現実に驚きの声が上がりました。

Dsc08515 Dsc08504
また、水汲みのために学校に行けない子ども達を支援するために井戸を掘り、通学率を上げている活動も紹介されました。水汲みは主に10歳位の女の子の仕事で、15kg程の重さの瓶を1時間位かけて、1日に何度も運ぶのだそうです。子ども達は水の入った瓶のリレーをして水運びを体験しました。

Dsc08533
世界で今どんなことが起きていることを知り、自分にできることは何かを考えてみて下さいとのお話に、子ども達は熱心に耳を傾けていました。

日 時 : 11月27日(月)10:40~12:15
対 象 : 永岡小学校3・4年生29名、先生3名
講師派遣元 : 岩手県ユニセフ協会
主 催 : 金ケ崎町国際交流協会

2017年11月20日 (月)

国際理解講座「小中学校めぐり」 第一小学校4~6年生

「タイのお話」
講師:浦川 純子さん/青年海外協力隊OV  2012年~2014年
              タイで小学校教育に従事

Dsc08462_2
今回の講師は、タイの首都バンコク郊外の小学校で学習指導に携わられていた浦川さんです。

首都圏での暮らしは上下水道・電気のほか、ネット環境も整っていて不便はなかったそうです。そして、タイは日本・アメリカに次いでセブン-イレブンの店舗数が世界第3位なのだとか!屋台も多いので、キッチンのないアパート住まいでも食事の買い物に困らなかったとのことです。

タイではグリーンカレーが一番好きだったそうですが、地方では今も虫や蛙が食べられているというお話に、「美味しかったですか!?」と子ども達は大盛り上がりでした。

全体的にゆったりしていて大らかなタイの人々。勤務先の小学校では、元気な子ども達と楽しく過ごされていました。十数人の子ども達が一度に話しかけてくるので、聞き取るのが大変だったそうです!

タイに住んで一番大変だったのは言葉で、現地に派遣される前に3ヶ月程の語学研修を受けましたが、タイ語は文法より発音が難しく、通じないし聞き取れず苦労されたのだそうです。

海外での暮らしは自分ではできないことも多いので、一人で悩まずに分からないことは聞き、できないことは頼み、困ったら助けを求めることも大切です。旅行・留学・ボランティア・仕事など、ぜひ素敵な出会いを求めて、広い世界に飛び出して下さいと話されていました。

Dsc083962

日 時 : 11月20日(月)14:00~14:45
対 象 : 第一小学校4~6年生77名、先生3名
講師派遣元 : 岩手県青年海外協力協会
主 催 : 金ケ崎町国際交流協会

2017年11月13日 (月)

「はぁと♡マム文化祭」に参加しました!

金ケ崎町の芸術文化祭が今月初旬に開幕しました!
中央生涯教育センターでは約1ヶ月にわたり、各種展示や発表が繰り広げられています。

Dsc08387 Dsc08386 Dsc08371
その中のひとつ、昨年まで開催されていた「芸文ワークショップ」が、子育てママサークルの皆さんの企画による「はぁと♡マム文化祭」にリニューアルされました。
当日は様々なブースが出店し、子どもから大人まで一日ゆっくり楽しむことができる賑やかなイベントになりました。

Dsc08358_3 Dsc08379_2 Dsc08369_2
協会では中国江蘇省からの留学生、陸さんをお迎えして交流する国際交流カフェと、フェアトレードショップで参加しました♪
カフェでは中国茶と、麻花・サチマ・月餅などのお菓子をいただきながら陸さんとお話して交流しました。
フェアトレードショップでは、途上国で生産者に携わる方々の暮らしを守る商品を試食販売しました。農薬を使わないので生産者の健康を害さず、添加物も入っていないので食べる私達の体にも優しい品々。特に添加物を使わないため溶けやすく、冬期間しか販売できないチョコレートが人気でした。

Dsc08391
盛岡からおいで下さった陸さんも交え、楽しく交流できた一日でした!

日 時:11月11日(土)10:00~15:00
会 場:金ケ崎町中央生涯教育センター
主 催:南方地区子育てママサークル「はぁと♡マム」
共 催:金ケ崎町芸術文化協会

2017年11月 7日 (火)

「ユニセフのつどいinいわて」

2_3 6_3
「2017ユニセフのつどい in いわて」に参加しました!

4_2 9 8
会場の滝沢チャグチャグホールでは、今年設立された滝沢市国際交流協会主催「国際交流フェスティバルIN滝沢」も同時開催されていて、様々な展示や交流コーナーが設けられ賑わっていました。

2
つどいでは、まずオープニングとして「劇団ゆう」青年隊によるミュージカル上演がありました。「劇団ゆう」は子ども達に夢と感動を届けるため、滝沢市を拠点に地域に密着した活動を展開しているNPO法人です。この日は「美女と野獣」短縮版が上演され、子ども達を含めた団員の皆さんが華麗なステージを披露されました!

15
その後主催者挨拶に続いて、医師でNPO法人地球のステージ代表理事の桑山さんによる映像ライブステージが行われました。これまで60以上の国で医療支援活動を行って来られた桑山さんは、紛争地や被災地での心のケアを中心に活動されています。ステージでは、世界各国や被災地で撮られた写真のスライド上映と自作曲の弾き語りを組み合わせ、ご自身の活動の経験を話されながら、辛く苦しい状況でも人には前に踏み出す力があること、地球はひとつということなどを語りかけていらっしゃいました。

日 時 11月5日(日) 13:00~15:30
会 場 滝沢ふるさと交流館 ホール
主 催 岩手県ユニセフ協会
共 催 滝沢市教育委員会、滝沢市国際交流協会

2017年10月31日 (火)

国際理解講座「小中学校めぐり」永岡小学校5、6年生

「グアテマラのお話」

講師:及川敏恵さん/青年海外協力隊OV  2010年~2012年
              グアテマラで感染症対策活動に従事

Dsc082682
今年度も小学校での国際理解講座が開始しました!
講師は、遠野市で地域おこし協力隊員として活動されている及川さんです。
及川さんは中米グアテマラで2年半ほど、感染症対策の活動に携わられていました。

Dsc083002_2  Dsc083072
グアテマラを含む中米周辺には、カメムシの一種サシガメから感染する「シャーガス病」という特有の感染症があります。感染すると数日後に風邪のような症状などが出ますが、10~20年後に心臓が肥大し不整脈を起こして死に至ることもあるという恐ろしい病気です。

サシガメが好む不潔な環境を改善するため、及川さんは保健所職員の方々と村々を回り啓発活動を行っていました。山奥の村に行くときは車が使えず、何時間も歩くこともあったそうです!任期中に少しずつ家々の衛生状態が改善されてきたことがとても嬉しかったそうです。

Dsc08263_2 Dsc08340
グアテマラは織物やコーヒーの産地として有名です。生産されたコーヒーは輸出されるため、普段はネスカフェ等のインスタントコーヒーを飲んでいるそうです!高地ですので、気温は氷点下になることもあり、お持ちいただいた服はかなり厚手でずっしりしていました。19世紀初めにスペインから独立しましたが、植民地時代には部族によって制服のように織物の柄が決められていたそうです。

Dsc082972_3 Dsc082922_3 Dsc083282_3
グアテマラでは家族や親類をとても大切にします。昼食は家に戻って家族一緒に取り、誕生日には親類達を招いて盛大にパーティをするのだとか。及川さんはグアテマラでの生活を通して、日本は世界から見れば独特で珍しい国であり、もっと日本のことを知りたくなったそうです。国と国の違いを見つけるより、違いから同じものを見つけることが大事だと思う、と話されていました。

Dsc08288

日 時 : 10月27日(金)10:40~12:15
対 象 : 永岡小学校5・6年生23名、先生3名
講師派遣元 : 岩手県青年海外協力協会
主 催 : 金ケ崎町国際交流協会

2017年10月17日 (火)

英会話クラスのハロウィンパーティ♪

Dsc08156 Dsc08161_2 Dsc08162
毎年恒例のハロウィンパーティ。今年はお店を借り切って開催しました!
薄暗い感じがムーディな雰囲気のバーです♪

Dsc08170 Dsc08164
Dsc08163 Dsc08166 Dsc08183
まずは乾杯!お料理もおいしくいただきました。

Dsc08172 Dsc08175 Dsc08186
Dsc08176 Dsc08173_2
思い思いの仮装がとても個性的ですね!

Dsc08188_3
ビンゴゲームやお喋りで楽しく盛り上がりました♪

日 時 :10月12日(木)19:00~21:00
会 場 :アンダーバー
参加者:12名

永岡地区自治振興祭

隔年で開催されている永岡地区自治振興祭、今年のテーマは「国際交流」。
協会では講演会の講師と舞台発表団体のご紹介、そしてフェアトレードショップの出店をさせていただきました!

22459272_525760847767072_78850534_3
ミニショップではフェアトレードの雑貨と食品を販売しました♪
途上国で、農薬を使わない原料を使い手作業で丁寧に作られたフェアトレード商品。
少しでもその良さをお伝えできたかと思います。
おかげ様で食品はほぼ完売となりました!

Dsc08205 Dsc08215 Dsc08221
体育館の舞台発表では、川崎21世紀国際交流クラブの皆さんが華やかな韓国舞踊、サラコト(フォークダンス)、バンブーダンスを披露されました♪

Dsc08236 Dsc08249 Dsc08254
ふれあいホールでは、ガーナの児童労働問題を扱った映画「バレンタイン一揆」上映に続き、青年海外協力隊OBの笹川さんによる福祉講演会が行われました。笹川さんはドミニカ共和国で暮らされた経験と、現在就かれている福祉関係の仕事から、日本の高齢化社会での生き方を考えるお話をされました。その後フェアトレードのコーヒーとチョコレートを来場者の皆さんに試食していただきました。途上国で生産に携わる人々のことを考えていただくきっかけになればと思います。

このほか、お祭では作品展示やニュースポーツ体験コーナー、バザー、食堂などが設けられ、賑やかに盛り上がった秋の一日となりました。

日 時:10月15日(日)10:30~15:30
会 場:金ケ崎町永岡地区生涯教育センター
主 催:永岡地区自治振興祭実行委員会

2017年9月25日 (月)

遠野グローバルプラザ 研修ツアー報告

Dsc08123 Dsc08125
数年ぶりに協会主催で研修ツアーを開催しました。
一般参加の方も含め総勢7名と少人数でしたが、町の10人乗りハイエースで行く和やかな雰囲気のツアーになりました。

Dsc08117_3 Dsc08115_3 Dsc08109
今回の目的地「遠野グローバルプラザ」は青年海外協力協会が運営する施設です。
統合により廃校となった旧上郷中学校の校舎を利用しており、静かでゆったりと時間が流れる場所です。

Dsc08075_4 Dsc08076_2 Dsc08082_2
初めに施設見学をし、世界の民族衣装のコーナーでファッションショーを楽しみました!
普段着る機会のない珍しい衣装を身につけるのはとても楽しいです♪

Dsc08084_2 Dsc08098_2 Dsc08108_2
続いて、NPO法人遠野まごころネットに所属し、震災復興支援と地域おこしに携わる細川加奈子さんのお話を伺いました。細川さんには青年海外協力隊で派遣されていたアフリカのブルキナファソでの支援活動と、現在の活動内容についてお話していただきました。

Dsc08139_2 Dsc08144_2 Dsc08143_2
研修後は遠野市内の韓国料理店「Korian Kitchen かじゃな」さんで昼食。
韓国出身の方が営む、石焼ピビンバや韓国冷麺など本格料理がいただけるお店です。
各自好きなものを注文し、おいしくいただきました♪

21764717_517983398544817_1530693088 22046022_517983378544819_2425472718 21766514_517983105211513_5552387186Dsc08130 21950761_517985198544637_3928961927 Dsc08147
帰りには9月3日に開庁したばかりの遠野市新庁舎や産直などを見学しました。
お天気にも恵まれ、充実した楽しい1日を過ごすことができました。
お世話になった施設や講師の方々、ご参加下さった皆様、安全運転をして下さった中央生涯教育センターの及川さん、本当にありがとうございました。

2017年8月21日 (月)

農業まつり&米の日「世界の米料理試食コーナー」

米の消費拡大を目的に、毎年8月18日の「米の日」に合わせて開かれる「金ケ崎町 農業まつり&米の日」。今年の夏は7月が暑かったものの、8月に入ると秋風かと思うような涼しさで、ぐずつきがちのお天気が続いていました。当日も雨が心配されましたが、幸い日中は曇りのお天気で、会場はかなり多くの人々で賑わいました!

当日は9:00から調理開始です。講師はインドネシア出身の安倍ラタナさん。そして可愛い小学生さんも加入して、和やかに楽しく、しかも手際良く準備が進みます。さすが、ベテランスタッフの皆さん!
Dsc07957_2 Dsc07970_2 Dsc07974_2

そして一角では、スタッフのための賄い作りも。大阪人が作る絶品お好み焼きです♪
スタッフもお腹いっぱいになりました(^^)
Dsc07980 Dsc07979_2

無事にお料理が出来上がり、ラタナさんには恒例のてんこ盛り大会に参戦していただきました!
Dsc08011 Dsc08012_3

12:00からいよいよテントで配布開始。時間前に並ぶ列が出来ました!
Dsc08029

配り始めると、どんどん人が増えて来て、かなりの混雑に!バックヤードでは盛り付けに大わらわです。小学生ペアも頑張ってお手伝いしてくれました♪
Dsc08034_3 Dsc08036_2 Dsc08027_2

Dsc08045 Dsc08055

今年も楽しい交流の輪が広がりました!
Dsc08057_2

日 時 : 8月19日(土)9:00~13:30
会 場 : 金ケ崎町中央生涯教育センター 駐車場
試食配布 : 約350食
ボランティアスタッフ:12名

2017年7月31日 (月)

ユニセフ講座「ルワンダから学ぶ大切なもの~命・平和・教育~」

2_2
NPO法人「ルワンダの教育を考える会」理事長の永遠瑠(トワリ)・マリールイズさんを講師にお迎えしてのユニセフ講座に参加しました。

現在は日本国籍を取得し家族で福島に在住しているマリーさんですが、最初にルワンダから来日したのは1993年5月のこと。福島の専門学校で洋裁の研修と日本語の学習をし、翌94年2月に帰国しました。

5_3 62
しかしその直後の4月に内戦が勃発。ルワンダの自宅周辺も爆弾が落ちるなど戦闘状態となり、小さな子ども達を抱えながら生まれ故郷のコンゴ難民キャンプに身を寄せます。その後日本の知人を頼り、12月に留学生として再来日することとなりました。

11
再来日後はNPO法人「ルワンダの教育を考える会」を立ち上げ、現地の子ども達のために学校を設立し支援を行ってきましたが、2011年3月の東日本大震災で被災し仮設住宅住まいを余儀なくされます。その苦境の中でも、避難所や仮設住宅でのボランティア活動を続けながら、全国を回り命の尊さや教育の大切さを訴え、またルワンダとも行き来し支援を続けているマリーさん。その活動の原点は、小学校1年生の5月に学費が払えず、泣きながら学校を追い出された級友たちを見てショックを受け、子どもが追い出されない学校を作りたいと思ったことなのだそうです。集まった方々は驚きと感嘆の声を上げながら熱心にお話に聞き入っていました。

日 時 7月29日(土) 10:30~13:00
会 場 いわて県民情報交流センター(アイーナ)6階 団体活動室1
主 催 岩手県ユニセフ協会
共 催 (独)国際協力機構(JICA)東北支部

2017年7月11日 (火)

国際理解講座「地区センターめぐり」街地区生涯教育センター

「オモニと作る韓国の家庭料理」 

今年度地区センターめぐりの初回は、韓国出身の方を講師にお招きしてお料理講座を開催しました。

Dsc078372
講師は韓国の全州(チョンジュ)出身、千田里美さん。お隣の北上市で持ち帰り専門の韓国料理店「里の味」を営んでいらっしゃいます。今回は家庭でも作りやすい「韓国海苔巻き」と「チヂミ」を教えていただきました。

Dsc07843 Dsc07885_2 Dsc07892_2
韓国海苔巻きは日本のものとだいぶ味が違います。ご飯に酢は入れずごま油と塩で調味し、具もすべて油で炒めて塩味を付けてから巻いていきます。

Dsc07899 Dsc07907 Dsc07926
チヂミは専用粉を使い、玉ねぎやほうれん草など、たくさんの野菜を混ぜてこんがりと焼き上げます。日本の小麦粉ではこのモチモチ感が出ないそうですが、大きなスーパーではチヂミ粉も売られているので、専用粉を使うとモチモチの食感も出て、味もついており簡単です。

Dsc07913 Dsc07916
実習の後は、韓国のとうもろこし茶と柚子茶(ソーダ割り)もいただきながら、韓国のお話や先生の日本での体験談などを伺い、楽しい交流の時間を過ごしました。

日 時 : 7月11日(火)10:00~12:30
会 場 : 街地区生涯教育センター
参加者 : 11名

講 師 : 千田 里美さん
主 催 : 金ケ崎町街地区生涯教育センター
共 催 : 当協会

2017年7月 7日 (金)

「星と音楽の七夕パーティ」開催しました♪

七夕といえばお星様!ということで、5月にオープンしたばかりの美しい星空と音楽が楽しめるレストランでパーティを開催しました♪
Img_0032

英会話クラスのDean先生&Jason先生、そしてこの3月に来日したばかりの金ケ崎町新ELT(英語指導員)Carissa先生も参加して下さいました。
Img_0044 Img_0046

2階のプラネタリウム室で織姫星や彦星、春夏の星座など、満点の星空を楽しんだ後はシェフのギター生演奏に合わせて皆で歌い盛り上がり、楽しい国際交流のひと時を過ごしました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました!
Img_0036


日 時 7月6日(木) 午後7時~10時
場 所 プラネ&アコースティックステージ1/f(北上市)
参加者 13名

2017年6月12日 (月)

「金ケ崎DE Music&Danceフェスタ」終了しました!

今年度の協会メインイベントとして、「金ケ崎DE Music&Danceフェスタ」を開催しました。世界の音楽とダンスを通して、外国出身の方々との交流を深めることを目的としたイベントです。
Dsc07612 Dsc07635

当日は外国出身の方々20名程を含め、100名程の出演者・参加者が一同に会し、世界各国の音楽やダンスを楽しみました。
Dsc07654 Dsc07677_3 Dsc07685
【左からBlack birdsさん(洋楽バンド)、廣瀬カロルさん(ペルー出身、サルサダンス)、サルサダンスの様子】

Dsc07709 Dsc077302_2 Dsc077362_3
【左から、21世紀国際交流クラブさん(バンブーダンス)、楽器の会さん(世界の楽器&演奏)、四家卯大さん(チェロ)】

Dsc07783 Dsc07813
【左から、カポエイラ・ヘジョナル・ジャパン岩手さん(カポエイラ)、21世紀国際交流クラブさん(フォークダンス・サラコト】

発表の後は各ワークショップコーナーに別れて体験を楽しみ、最後は華やかなフィリピンのフォークダンス、サラコトでフィナーレとなりました。今回のイベントでは年齢、性別、国も関わりなく一緒に歌い、踊り、笑い、楽しい時間を共に過ごすことができました。イベント開催にあたりご協力、ご支援下さった関係各位に心より感謝申し上げます。

日  時 6月4日(日) 14:00~16:30
会  場 金ケ崎町南方地区生涯教育センター 体育館
参加者 101名
主  催 当協会

平成29年度 定期総会開催しました

今年度の定期総会が開催されました。
昨年度報告、今年度計画に続き役員改選が行われ、承認をいただきました。
総会に引き続いて行われた懇親会は、会員同士の楽しい交流の時間となりました。

Dsc07535 Dsc07559


開催日 5月10日(水)
会  場 金ケ崎町中央生涯教育センター 第1研修室
参加者 22名

2017年4月28日 (金)

英会話クラス「春のフリートーク茶会」開催しました♪

英会話クラスでは会員交流の一環として、随時季節のパーティなどを開催しています。
今回はお花見の時期に合わせ、お茶とお菓子を準備して交流しました。

Dsc07478_3 Dsc07480_2 Dsc07479_3 


Dsc07489_4 Dsc07485_5 Dsc07488_4 Dsc07497_6
事務局で準備した外国のお菓子に加え、差し入れをお持ち下さったメンバーさんもいて、お茶の立て方を教わったり、お花を飾ったりと雅な雰囲気のお茶会となりました。

Dsc07503_2
レッスンの日は日本語が出ると「English!」と先生から声がかかりますが、この日は日本語もOKで、楽しく会話し交流しました♪


日 時 4月27日(木) 午後7時~9時
場 所 金ケ崎町街地区生涯教育センター 会議室
参加者 11名

2017年4月26日 (水)

「ゆいっこハウス」外国人による講演会(野崎地区)

今年度も、金ケ崎町社会福祉協議会さん主催の「ゆいっこハウス」に外国出身の方とお伺いする国際理解講座が始まりました!

Dsc07458
今回はキューバ出身のリカルドさんと、野崎地区にお伺いしました。
リカルドさんは工学部の博士課程で学ぶ留学生さんです。日本に住んで1年ということで、日本語での会話も少し慣れてきたところのようです。

Dsc07464 Dsc07465_2
写真や動画でキューバの紹介をしていただきました。
カリブ海に浮かぶ島国、キューバの首都は西部のハバナ市で、リカルドさんは東部のオルギン州出身です。
1年を通じてとても暑いので、岩手に来て一番困ったのが冬の寒さだそうです。

Dsc07469_2 Dsc07470_2 Dsc07471_2
食事はお米や豆が主食で、豚肉が良く食べられています。
また野球がとても盛んで、子供の頃から親しんでいるそうです。

Dsc07454 Dsc07462
お国紹介の後はミニスペイン語レッスンとクイズも体験しました。
とてもフレンドリーなリカルドさんを大歓迎していただき、一緒に楽しい交流の時間を過ごしました。

日  時 : 4月26日(水) 11:00~12:00
会  場 : 野崎南公民館
講  師 : リカルド ロドリゲスさん(キューバ出身)
参加者 : 11名
主  催 : 金ケ崎町社会福祉協議会
共  催 : 当協会


«「ゆいっこハウス」外国人による講演会(下永沢地区)

Twitter(金ケ崎町国際交流協会)

Facebook(金ケ崎町国際交流協会)

事務局日記

  • 事務局日記
無料ブログはココログ